葉酸サプリメントは妊娠したい女性や妊婦さん・授乳婦さんとって必須

葉酸サプリメントは現代の成人男女共に必要性の高い栄養補助食品ではありますが、特に妊娠したい(予定している)女性妊婦さん授乳婦さんは1日に必用とする葉酸がその他の方に比べてとても多く、食品からだけではまかないきれていないのが実情です。

アメリカでは既にパンやシリアル対して葉酸を添加したり、穀物への葉酸添加を義務付けるなど国を挙げての取り組みを進めており、誰もが葉酸を無理なく摂取できる環境を創っています。またカナダやオーストラリアをはじめとする11の国々では日本より10年も早く葉酸摂取に対する取り組みを開始しました。

妊娠したい(予定している)女性は1番多くの葉酸が必用です

葉酸を必用とする対象として1番最初に思いつくのが妊婦さんと言う方もいらっしゃるかと思いますが、実は葉酸が1番必用なのは妊娠したい(予定している)女性です。

理由としては、赤ちゃんが育つ過程において葉酸が一番活躍するタイミングは受胎後10週までの間、特に中枢神経は受胎後7週未満に発生する事から、神経管閉鎖障害のリスクを低減するためにはこの時期に母体に十分な葉酸が必要です。

とは言え、赤ちゃんが生まれる日は、ある程度計画は立てられても、それを正確に予測するのは難しいため、厚生労働省では妊娠を計画している全ての女性が、普段の食事に加え400μg(マイクログラム)の葉酸を栄養補助食品等(葉酸サプリメント等)から摂取する事を推奨しています。

この400μgの葉酸と言う量は、毎日野菜から摂取するのはとても大変な量なうえに、食品から身体に吸収されるのはさらにその半分程度と言われています。一例として葉酸が豊富に含まれている「ゆでたホウレン草」の場合でも100g中の葉酸量は110μgしかありません。そこから400μgの葉酸を摂るには、ゆでたほうれん草を約1455g= 約1.5kgを毎日食べなければなりません。

葉酸が豊富なほうれん草でさえこの量になるため、食事からの400μgの葉酸摂取がどれほど大変かは想像がつくかと思います。また葉酸が豊富に含まれいてる食品ばかりを選んで食べていると、その他の栄養に偏りが出る可能性もあります。

妊婦さんの必要な葉酸量は時期によって異なります

葉酸サプリメントは妊娠を考えた時期から飲み始めるのが重要と言う事は分かりましたが、では妊娠後の摂取についてはと言うと、おなかの中の赤ちゃんが育つ過程で葉酸は重要な役割を果たす(細胞分裂の過程で利用される)ため、必要な栄養素と言う意味では変わりませんが、妊娠から4ヶ月目からは妊娠前と比べ必要量が少し減ってきます。

妊娠初期(妊娠から3ヶ月程度まで)は妊娠前と同程度の量の葉酸摂取が望ましいとされているため、通常の食事に加え1日に400μgの葉酸サプリメントを摂取が望ましいとされています。

妊娠から3ヶ月を過ぎると、妊婦さんの葉酸推奨量は480μg(食事性葉酸)とされている事から、食事から480μgの葉酸を摂取するのが理想となります。ぱっと数字だけを見ると増えたように見えるのですが、必要とされている葉酸量が「食事性葉酸」換算と言う事に注意して下さい。

どういう事かと言うと、食事性の葉酸量と言うのは食べ物から摂取する事を前提としている量(体内で活用されるのは半部程度と言うのが前提での量)と言う事です。そのため、この食事性葉酸480μgを葉酸サプリメントで完全にまかなう場合は480μg×50%(食事の相対生体利用率)÷85%(葉酸サプリメントの相対生体利用率)=約283μgになる事から、約283μgの葉酸サプリメントで十分と言う事になります。つまり妊娠初期の頃より少ない葉酸量で良いと言う事です。(通常は葉酸サプリメントからだけではなく、食事と合わせて摂取する事をおすすめします。)

少々ややこしくなりましたが、食事にかなり気を使い、毎日480μgの葉酸を摂取できる食生活を送れる方は食事からのみの葉酸摂取が良いかと思いますが、これは相当大変な量となります。(食品に含まれる葉酸量に関しては「葉酸を多く含む食品」をご参照下さい。)しかしそこまで出来る方と言うのは極稀かと思いますので、一般的には100~200μgの葉酸サプリメントと、葉酸をそこまで気にしすぎない程度のしっかりとした食事を摂る事をおすすめします。

また、妊娠後の葉酸摂取に関しては、かかりつけのお医者さんにも相談するのが良いでしょう。

出産後も一定期間(授乳期間中)は葉酸が必要です

出産後も授乳期間中は葉酸が必用となりますが、妊娠前や妊娠中と比べると推奨されている量は少なくなります。なぜ出産後も葉酸が必要かと言うと、赤ちゃんにとって葉酸は必要な栄養素となりますが、授乳期間は母乳を通してお母さんから栄養補給を受けるため、母体に十分な葉酸が必用となるわけです。

授乳期間中のお母さんの葉酸推奨量は340μg(食事性葉酸)となります。では、ではこの量を葉酸サプリメントで完全にまかなう場合はどの程度になるのか計算してみましょう。 そうすると340μg×50%(食事の相対生体利用率)÷85%(葉酸サプリメントの相対生体利用率)=約145μgとなります。つまり1日145μgの葉酸サプリメントを摂取していれば体内の葉酸が不足する事がないと言う事になります。

しかし、ここでも全てを葉酸サプリメントに頼るのではなく、食事からの摂取も考えて100μg程度を葉酸サプリメントから摂取し、残りは食事から摂取するのが良いでしょう。(100μg単位での摂取を推奨しているのは、葉酸のサプリメントはタブレット状(錠剤)になっているものが多く、70μgというような量を上手く摂取するのは難しく、この程度の量であれば上限量にもかなりゆとりがあるためです。)

食生活に自信のある方は普段の料理の献立を確認し、葉酸が十分摂れるようであればこの時期から葉酸サプリメントを飲む必要はないかもしれませんが、統計的には現代人の通常の食事では、妊娠してない場合においても葉酸が不足しがちなため、一部分を葉酸サプリメントで補う事をおすすめします。

葉酸サプリメントはいつから、いつまで飲むのが良いのか

葉酸サプリメントの摂取に関しては、妊娠の前段階である「妊娠したいと考えている(計画している)」時期から、妊娠後3ヶ月が経過するまでは、厚生労働省も通常の食事に加え、葉酸サプリメントなどの栄養補助食品で400μgの葉酸摂取を推奨している事から、葉酸サプリメントを活用した方が良いでしょう。

妊娠から3ヶ月が経過した場合は、推奨量が480μg(食事性葉酸)に減少する事から食事からでも相当頑張れば摂取できる量となりますが、毎日継続的に摂り続けるのはよほど気を使っていなければ難しいため、全部を葉酸サプリメントで摂取する必要はありませんが半分程度は活用すると良いかと思います。

その後の授乳期間に関してはさらに葉酸の推奨量が少なくなりますので自身の食生活と比較して考えていくのが良いかと思いますが、少なくなったとはいえ340μgの葉酸を毎日継続的に摂取するのは子育てをしながら、自分の食事にも相当量の気を配るのは容易ではない事から、無理のない範囲でサプリメントの上手な活用も検討してみると良いでしょう。

授乳期間が終わると、赤ちゃんへの栄養補給はお母さんからではなく、食事からとなるため、赤ちゃんのために葉酸を摂取すると言う意味では、葉酸摂取の必要はありません。しかし現代人の食生活では葉酸が不足しがちなため、適切な葉酸(成人女性の場合、1日240μgの食事性葉酸)を摂取する事自体は非常に良い事です。

また、妊娠後はお医者さんとも相談しやすい環境にある事もある事から、自身の体調を良く理解してくれているお医者さんに相談して決めるのが良いでしょう。

その他過剰摂取が気になる方は「葉酸サプリメントの摂取量と過剰摂取」を一読される事をお勧めいたします。

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ(AFC)パッケージ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、健康食品販売を40年以上に渡って続けているAFCと、1831年(天保2年)創業の本草製薬の歴史ある老舗が共同開発した、「安心」にこだわって作り上げた葉酸サプリメントです。

またその名の通り、100人以上の女性の声から生まれたサプリメントで、妊娠を考えいる方や、産婦人科クリニックの方々の声がそのまま形になっています。タブレットも利用者の声を反映する形で、より小さく飲みやすくなりました。原材料が全て公開され説明がなされているのも安心して飲む事が出来る理由です。

口コミ・評判 形状 内容量 1回分(葉酸量) 価格
評価5 タブレット 120粒(約30日分) 4粒(100μg×4粒) ¥1,944(税込):¥1,512
特典・備考 公式サイトでの注文で送料無料!
お得な3個セットだと1個あたり1,728円!
さらに6個セットだと1個あたり1,512円!
 

毎日ビタミン実感プラス(健康家族)パッケージ

毎日ビタミン実感プラスは、1包で葉酸200μg、ビタミン(C,E,B1,B2,B6,B12)ビオチン、ナイシンが全て摂れる優れもののマルチビタミンです。

葉酸摂取に加え、美容や健康のためにビタミンを摂りたい方にはおすすめ、妊娠3ヶ月以降の妊婦さんで葉酸摂取を考えられている方は、葉酸のみが400μg入った葉酸サプリメントより、9種類の栄養素が摂れる毎日ビタミン実感プラスがおすすめです。妊娠中でも飲みやすい美味しいレモン味なのも嬉しいですね。

口コミ・評判 形状 内容量 1回分(葉酸量) 価格
評価5 顆粒状 62g(2g×31包:約31日分) 1包(200μg) ¥3,456円(税込):¥2,937
特典・備考 全国送料無料!
定期コースで10%割引(3,110円(税込)/1袋)
5袋以上のまとめ買いで15%割引(2,937円(税込)/1袋)
 

ページ先頭に戻る