厚生労働省からの葉酸摂取に関する勧告

葉酸サプリメントなどの栄養補助食品に関して、平成12年12月28日に厚生労働省からも正式に「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」と言う形で発表がありました。これは、早くから取り組みを進めていた諸外国と比べると10年ほど送れた対応となります。

日本の取り組みが遅れた原因としては、もともと日本は二分脊椎(神経管閉鎖障害)の発生率が高い国ではなかったため、疫学調査がほとんど行なわれて来ませんでした。しかしながら、平成11年度の厚生科学研究によると、二分脊椎の発生率が増加傾向にある事や、ライフスタイルの変化に伴い葉酸摂取不足が深刻化する恐れがある事から日本においても葉酸の摂取を促す勧告がなされました。具体的な葉酸摂取の内容としては下記のようになります。

「妊娠を計画している女性に対しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスのとれた食事が必要であること。野菜の摂取を350g程度にすることなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定されていないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取を確保するのが困難なことが予測されること、また、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されている等の理由から、我が国において、当面、通常の葉酸摂取量に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取することとすれば、神経管閉鎖障害の発症リスクは集団としてみた場合そのリスクが低減されることが期待されるものである旨、情報提供を行うこと。高用量の葉酸摂取はビタミンB12欠乏の診断を困難にするので、医師の管理下にある場合を除き、葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではない。」

厚生労働省では、安易に栄養補助食品に頼るべきではないとしながらも、通常の食事からでは十分な葉酸摂取が困難な事が予測される事から、当面「通常の(食事からの)葉酸摂取に加えいわゆる栄養補助食品(葉酸サプリメント等)からの葉酸摂取」をするよう勧告しています。

また、「葉酸の利用効率が確定されていない」とありますが、「日本人の食事摂取基準」(2010年版)では、食事性葉酸(食事から摂取できる葉酸)の相対生体利用率を50%としています。つまり食事からの葉酸は摂取した半分程度しか体内では活用されないこと、加えて食品に含まれる葉酸は調理過程で半分程度が失われてしまう事から、食事からのみで十分な葉酸を摂取するのは困難としています。これに比べ葉酸サプリメントなどから摂取できる葉酸の相対生体利用率は85%と高い値となる事から、食事とサプリメントで同じ量の葉酸を摂取した場合でもサプリメントの方がより体内で効率良く吸収出来る事が分かっています。

葉酸の重要性は母子手帳にも記載されていますが・・・

葉酸の摂取に関しては平成14年(2002年)の4月以降に配布される母子手帳に「葉酸をとりましょう」と題して記載がされるようになりました。しかし、これは一部矛盾があるのも事実です。と言うのも、そもそも二分脊椎(神経管閉鎖障害)のリスク低減のために葉酸摂取を勧告している厚生労働省ですが、二分脊椎のリスク低減に関しては受胎時(妊娠時)に母体に十分な葉酸がある必要があるため、上記厚生労働省からの発表にもあるように、葉酸を摂取する期間として適正なのは「妊娠から1ヶ月以上前」となります。しかし母子手帳は妊娠後にしか受け取る事が出来ません。そのため母子手帳を受け取り、読んでいる中で初めて「葉酸」と言うものを認識するお母さんも少なくなはいでしょう。

では、妊娠してからの葉酸摂取は無駄かと言うとそういうわけでもありません。確かに二分脊椎などの神経管閉鎖障害のリスクを低減するためには、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取する必要がありますが、葉酸はその後も赤ちゃんにとって重要な栄養素となるため、実際には授乳期間が終わるまでは母体に十分な葉酸がある事が望ましいと言えます。この事から母子手帳により葉酸の重要性を知らせる事は、若干の遅れはあるものの意味のある事になります。

※葉酸の摂取量に関しては妊娠前・妊娠中・出産後の段階によって異なります。詳しくは「妊娠したい女性・妊婦さん・授乳婦さんの葉酸サプリメント摂取期間」をご覧下さい。

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ(AFC)パッケージ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、健康食品販売を40年以上に渡って続けているAFCと、1831年(天保2年)創業の本草製薬の歴史ある老舗が共同開発した、「安心」にこだわって作り上げた葉酸サプリメントです。

またその名の通り、100人以上の女性の声から生まれたサプリメントで、妊娠を考えいる方や、産婦人科クリニックの方々の声がそのまま形になっています。タブレットも利用者の声を反映する形で、より小さく飲みやすくなりました。原材料が全て公開され説明がなされているのも安心して飲む事が出来る理由です。

口コミ・評判 形状 内容量 1回分(葉酸量) 価格
評価5 タブレット 120粒(約30日分) 4粒(100μg×4粒) ¥1,944(税込):¥1,512
特典・備考 公式サイトでの注文で送料無料!
お得な3個セットだと1個あたり1,728円!
さらに6個セットだと1個あたり1,512円!
 

毎日ビタミン実感プラス(健康家族)パッケージ

毎日ビタミン実感プラスは、1包で葉酸200μg、ビタミン(C,E,B1,B2,B6,B12)ビオチン、ナイシンが全て摂れる優れもののマルチビタミンです。

葉酸摂取に加え、美容や健康のためにビタミンを摂りたい方にはおすすめ、妊娠3ヶ月以降の妊婦さんで葉酸摂取を考えられている方は、葉酸のみが400μg入った葉酸サプリメントより、9種類の栄養素が摂れる毎日ビタミン実感プラスがおすすめです。妊娠中でも飲みやすい美味しいレモン味なのも嬉しいですね。

口コミ・評判 形状 内容量 1回分(葉酸量) 価格
評価5 顆粒状 62g(2g×31包:約31日分) 1包(200μg) ¥3,456円(税込):¥2,937
特典・備考 全国送料無料!
定期コースで10%割引(3,110円(税込)/1袋)
5袋以上のまとめ買いで15%割引(2,937円(税込)/1袋)
 

ページ先頭に戻る